--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/04/02

百獣の王 武井壮さんを占ってみました

武井壮さん

武井壮


すごくかっこいい写真↑↑↑。


男なら誰だって小さいころに一度は思う、「最強になりたい」

それを今でも追い求めている武井壮さん。
男として本当に本当にかっこいいと思います。

以前、BKBさんのNGK単独を見に行ったのですが
そのときゲストでいらっしゃってて
とても面白かったのを覚えています。


さて、今回掲載しようと思ったのは運気が気になったのです。

武井壮


40歳になるまで本当に低い。

うまくいきません。


40歳になってからいきなり絶頂になります。
あとは死ぬまで強い状態が続きます。
(なだらかに下りますがそれでも強い状態)


武井壮さんの場合、2013年からグン!と来るのですが、
実際は2012年くらいでしょうか?


個人的に勉強になりました。



まあ、
売れている人は違います。


みなさんもれなく運気が強い。


TVなんてそうなかなか出れません。
(出たいです。)


武井さんのポイントは「正財」だと思います。

これが無ければTVに出れてはいないと思います。



「偏官」持ちはスポーツに向いていると言われますが
それは負けず嫌いな性質を持つからなのです。

武井さんはその「偏官」が2つもありますね。
場所も良い。

まさにワイルドで
体を動かすのも得意ですし、
男らしくガサツなところもあるのですが
非常にクレバー。


我が強く見えますが、
周りに合わせる能力に長けているように見えます。

恋愛はまっすぐ。
相手の気持ちは関係ない。
ストレート。



孫正義さんや楽天の三木谷さんのように、
お金のマネージメントに強い
「劫財」「正財」のコンビです。


売れているからと言って散財はしていないと思います。
(そこまで性格面に強くは出ていないように見えますが)

現実的に見ています。


冷静で、でも心は熱く。といった命式でしょうか。



前回のタモリさん同様に、
この方も芽が出るまでに苦労されています。


うまくいかない時期。

いろいろあったと思います。


その辺も踏まえて見ていく・・・と長いので
このあたりで。
スポンサーサイト
2014/04/02

タモリさんを占ってみました

タモリさん

タモリ


2014年(平成26年)3月31日、
32年間続いた「笑っていいとも!」が終わりました。


私は最終のレギュラー陣のスピーチで感動して泣いてしまいました。

当たり前のように見てましたが
好きだったんだなぁと終わるころになって実感しました。

言うまでもなく
多くの人に愛された番組でした。


さて、
タモリさんに関しては
今まではっきりと(鑑定結果を)見てなかったのですが
ただ日干「癸」だというのは何かで知っていて、
まさに「癸」の代表のような方だなぁと個人的には思っていました。

そして恐らく
「食神」と「偏印」の人だろうと思っていました。

そう、つまり「倒食」の人だと。


ちょっと見ていきます。

タモリ


運気はまさにこの流れ。

明石家さんまさんや孫正義さんなどなど

きっかけ(スタートするタイミング)にしても長きにわたって活躍できることにしても
やはり皆さんこの流れ。(すごい・・・←四柱推命に対し)


20代半ばまではまったく思ったようには行きません。

辛かったでしょう。

しかし20代半ばから徐々に徐々に道が開けていきます。


カルチャーではなくサブカルチャーの世界の人。
冷静で頭の回転が速く
おおらかでよく喋る。料理好き。
人の心を見抜き、毒舌。
マニアックな趣味、嗜好があり、
非常に強いこだわりを持つ。

性格も、雰囲気も地味で
さんまさんのようなTV的な、TVに向いているような、
華やかさ、明るさ、
誰とでも打ち解ける社交的な性格ではない。
(表面上の付き合い、接し方などは長けていますが)


そう、ご本人も常々仰っていますが
本来であればマニアックな、地下にいるような人。

(一番近い人でいうとR藤本さんに似ていますね。)


つまり
命式を見る限りタモリさんは
表には出てこない、出て来なかった人です。

いいともの最後の言葉を聞く限り
ご本人もそれはよく分かっていると思います。


本来ここに立っていない人。


なんで立てたか?


それは周りの人の、多くの人の助けがあったから。




「やる気がある奴は去れ」など、
タモリさんの名言はたくさんありますが



なぜそう思ったのか?


なぜ人々の心を掴むようなことができるのか?



カギは生まれてからデビューするまでの間。





「倒食」の持つ優れた才能と
悲しみ、苦しみ



タモリさんに関しては深く掘り下げると
かなり長くなってしまうので
とりあえずこのあたりで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。